このページは、共通のメニューを読み飛ばすことができます。直接本文をご覧になるかたは「このページの情報へ」というリンクをクリックしてください。
サイト共通のメニューへ
このページの情報へ

パンのおはなし

ちょっとためになる「パンのおはなし」をまとめてみました。

パンの豆知識

パンって何語?

ポルトガル語の「pao(パオ)」から来ていると言われています。日本にパンが伝わった歴史と関係があるんだよ。ちなみに英語では「bread(ブレッド)」と言います。

パンの主な栄養素は?

糖質です。体を動かすエネルギー源となり、脳にとっても唯一のエネルギー源で、重要な栄養素なんだ。他にはたんぱく質、ビタミンB1・ビタミンB2などのビタミン類、カルシウム・鉄などのミネラルが豊富に含まれています。

含まれるビタミン類は?

「ビタミンB1」「ナイアシン」です。ビタミンA,C,Dは含まれません。
青空製パンではイチゴやバナナなど、いろいろ練り込んだ商品があるから栄養バランスが良いんだよ。

美味しく食べるには?

開封したらその日のうちに!焼くときには、トースターを温めてから!
冷えたトースターでパンを焼くと、トースターが温まる段階でパンの水分が失われてしまうんだ。お皿も温めておいた方が美味しく食べられます。

開封したパンの上手な保存方法は?

「冷凍保存」が一番。水分を凍結させデンプンの老化が遅くなるためです。冷蔵保存では乾燥しやすいため、食べきれなかったら冷凍庫へ!
青空製パンのパンは開封前なら常温で60日保存可能だから、常備しておくと朝ごはんやおやつに便利だよ。

パンの伝来

発祥の地は古代エジプト

紀元前、古代エジプトで世界に先駆けて本格的な小麦栽培が行われていたと言われているんだ。その後小麦を原料としたパンも誕生。遺跡や王様のお墓から発酵パンがみつかっているそうです。

日本で小麦の栽培がはじまったのは弥生時代。

その後、小麦粉を練った生地で作る「蒸餅」「焼餅」という食べ方が中国から伝わりました。
生地を発酵させた「西洋風パン」が伝わったのは室町時代。1543年(天文12年)種子島にポルトガル船が漂着し、鉄砲とともに伝わりました。

このページの上部へ

ページの先頭へ